リノベーションバリアフリーするなら?

リノベーションの代表的なものとして、バリアフリーへの改修工事があげられます。
家の中から段差を無くすことにはじまって、転倒防止のために手すりを取り付けたり、不便な開き戸を引き戸に取り替えたり、床材をすべりにくいものへ変更したりと、さまざまなアイデアがあります。
しかし、バリアフリーになるのは喜ばしいことだけれど、費用面が気にかかると思います。
自宅をバリアフリーにすることで、地方自治体の「高齢者住宅改修費用助成制度」を利用すれば、介護保険から費用の9割が支給されます。
受給の条件としては、対象者が「要支援・要介護」と認定されていること、現在お住まいの住居のリノベーションであること、本人がお住まいになることなどです。
介護福祉士通信講座比較ランキングまとめ【合格するコツとは?】