住宅ローンの返済が滞るとクレジットカードの発行に制限が出来る

住宅ローンの返済が滞ると最終的に差し押さえや競売という事になります。
自宅を競売されると住むところがなくなりますからホームレスになりかねません。
しかし、事前に銀行に相談をしてある程度の妥協点が示されることで救済されるケースもあります。
しかしこの場合返済条件の変更というブラックリストの要件に合致してしまうので、それ以後の資金借り入れやクレジットカードの発行に制限がくわえられます。
このような事態を避ける住宅ローンが東京スター銀行の住宅ローンです。
ローン契約に組み込まれている返済休暇という制度のおかげで、必ずしも返済条件の変更がブラックリストに合致しないのです。
おかげで、子供の学費が多く必要な時期に返済額を減らすと言う一般的に非常識と思われている芸当が可能になります。